専用アイテムで解消

女性 臭い

自分ではわきがということに気づかないこともありますから、自分の脇の臭いに関してはしっかりと意識する必要があります。しっかり対策をすることで臭いは軽減しますので、目をそむけないようにしましょう。

一時的な脇の臭いが気になる場合は、脇の消臭剤などを使用して対処するのが一般的です。しかし、わきがの場合ではこういった対策を行っても数時間後には臭いがまた出てきてしまうため、別の対処方法を考えることが必要となります。わきが対策としては、なるべく汗をかかない、かいたらすぐに拭きとるということを意識することも大切です。汗をかいてそのまま放置してしまうと、雑菌が繁殖しやすいような環境を作ってしまうため、わきがの臭いがさらに強くなってしまうのです。さらに、蒸発時には臭いが周りに散ってしまうため、広範囲で臭ってしまう原因にもなります。清潔に保つことで元から改善することは出来なくても、臭いをある程度抑えることは出来るため、日常生活の中で意識するようにしましょう。

わきが対策をとった上でそれでも臭いが出てしまう場合には、汗腺の治療を受けることが出来るような専門機関に相談してみることも重要です。実際に手術を受けないにしても、わきが対策として様々なアドバイスをもらうことが出来るため、わきがが改善する可能性は十分に考えられるのです。また、ストレスを感じる状態だと発汗が進んでしまう場合もあります。人に話すことで心が落ち着いて、今までよりも脇の発汗がなくなる場合もあるため、医師に相談してみることはとても重要なのです。インターネットでわきが治療を行っている病院を探すことも出来るため、まずはインターネットを活用してわきがについて調べていきましょう。

アポクリンの悲劇

わきがとはアポクリン腺と呼ばれる感染から、独特の臭いを発してしまう症状の事を言っています。手術しか改善策はないと思われがちですが、食生活を気をつけるなど対策を練れば大丈夫です。

わきがは古くからの食文化が関係していた

わきがは、現代でも悩みの種の一つとされていますが、わきがの歴史はかなり古く、奈良時代でも確認されています。当時は「脇草」と表現されていたようです。 わきがの体質を持つ欧米人は人口の70〜90%という割合に対して、東洋人である日本人は、10〜15%と言われています。したがって、日本は特にわきがに対して敏感で、わきがの治療や対策についての文化が盛んなのかもしれません。 わきがの体質をもつ人口が多い・少ないといった違いはどこから出てくるのかというと、古くから伝わる食生活に関係があるようです。もともと、欧米は動物性タンパク質や脂質が多いものを摂取する食文化があります。それに対して、日本は大豆などといった植物性タンパク質が豊富な食文化があります。この違いは、ニオイ対策を行う上でのヒントにつながっています。

食の見直しと技術の進歩で悩みも減るかもしれません

ワキガ 女性イラスト

わきがは、アポクリン腺という汗腺から出た粘り気のある汗が、細菌と反応してにおいを発するというメカニズムから起きています。このアポクリン腺は、動物性タンパク質や脂質が多いものを摂取すると活動が活発になってしまいます。食事は野菜や大豆、海藻類や魚などといった日本食中心の食生活にすることで、ニオイ対策につながるのです。しかしながら日本人の食生活は欧米化していることもあり、わきがに悩む日本人は増加していくのではないでしょうか。 食生活だけでなく、脇の下の環境を清潔に保つこともニオイ対策には有効です。こまめに汗を拭いたり、腋毛が多い人は腋毛の処理をすることで雑菌が増えるのを防ぐことができます。デオドラント効果のあるインナーシャツや脱毛器などが近年出回っていますが、より高性能なものが次々開発されることが予測できます。 わきがの手術においても、現在は「剪除法」という皮膚を開いてハサミでアポクリン腺を切り取る方法が一般的です。しかし近年では、剪除法と比べて効果は薄いものの、汗の分泌を抑える注射が開発されて実際に使用されています。このように、医療の進歩と共に治療も簡単になることが期待されています。

おすすめの記事