軽度での症状

のびをする女性
わきがにも多くの種類の人がおり、症状によって軽度の人や重度の人に分けることができます。
比較的軽度の人であれば、簡単なケアを行うことで、わきがでの問題を改善することができます。
クリニックなどで治療を行う際にも、それほどお金は掛からないため、費用もリーズナブルなものとなるでしょう。

軽度のわきがの人は、たくさんの汗をかくことで周囲に臭いが発散されます。
そのため、制汗剤を使用することや、腋の汗を吸収するパッドを使うことで、簡単に臭いを抑えることができます。
他にも、日頃から油分が多い食事を避けることでも、皮脂の分泌量を下げることができるため、対策が行えるのです。

わきが治療を行うクリニックでは、こうした軽度のわきがの人でも治療を行うことができます。
カウンセリングなどで、食事療法の仕方を丁寧に指導してくれるため、わきがに対しても効果が得られるのです。
他にも、わきが対策に使用できる塗り薬などを処方してくれるため、軽度の人でもクリニックに相談することで、確実なケアが行えます。

中度の場合でのわきが

目を閉じる女の人
中度のわきがの人は、軽度の人とは違い、特に汗をかいている状態ではなくとも臭いが発散されています。
軽度の人のように、制汗剤や香水などを使用することで、ある程度は臭いを抑えることができます。
しかし、大量の汗をかいてしまうと、強い臭いが発散されてしまうため、問題となるのです。

中度のわきがの場合、クリニックなどでわきが治療を行う方がよいでしょう。
クリニックでの治療方法として、超音波でアポクリン腺を破壊する方法が挙げられます。
超音波での治療ですので、広範囲に渡って効果を与えることができ、短時間で治療が行えます。
さらに、切らずに治療が受けられるため、傷跡も無く患部も綺麗であるため、女性にとってはよりよい治療法といえましょう。

他にも吸引法と呼ばれる治療法があり、この方法ではわきがを引き起こすアポクリン腺を吸引し、除去する方法が取られます。
この吸引法は超音波治療とセットで行うクリニックもあり、超音波で破壊したアポクリン腺などを吸引して完全に取り除きます。
吸引法や超音波法では、単独では治療するアポクリン腺にも取りこぼしがありましたが、この二つを組み合わせることで、短時間で取りこぼしもなく治療が行えるのです。

さらにわきがが重度の人だと、普段の生活で常に臭いを発しているため、人間関係で問題となる場合もあります。多くのクリニックでは、直視下剪除法や組織削除法と呼ばれる方法が取られ、アポクリン腺を効率的に除去できます。

おすすめの記事