膝の健康を保つ

関節 人体

冬に関節痛が起こる原因とは

冬になると、腰やひざ、肩などの関節痛が悪化することが特徴的です。寒い冬の時期は、長時間同じ姿勢でいた時、起きた直後は膝や肘などの関節に痛みを感じやすいです。関節痛が発症すると、毎日の生活に支障をきたします。通学や通勤するのにも難儀ですし、快適な生活を送ることができなくなります。 そもそも冬に関節痛が発症しやすい原因は、体の血行不良によるものです。体は寒さを感じると、末梢血管を収縮させて体温を逃さないようにする特徴あります。血管が収縮すると周辺の筋肉が血液不足となり、動かす時に負荷がかかってしまいます。それで、痛みの原因になります。特に腰やひざなどのよく動かす部位は、いつも以上に大きな負担がかかってしまいます。よって、非常に激しい痛みを発症することが特徴的です。

痛みを緩和するための方法

冬の時期は気温が低くなることで、血行は悪くなります。そのため、関節痛が発生しやすくなります。なので、関節痛を解消するには、患部を外部から温めて血流を良くすることが大事です。 冬の時期に効果的に温めるには、外出時はマフラー、手袋、コートなど温かい格好をすることが大事です。その他にも、使い捨てカイロなどで患部を温めると、関節の痛みは和らぎます。また、サポーターなどを装着して、関節を重点的に温めても有効です。 その他にも、食事などで体の内側から温める方法もあります。体を温める特徴的な食品といえば、ショウガがあります。ショウガは、スープに入れたり、サラダに入れたりして美味しくいただけます。また、鍋と一緒に食べても、体がポカポカになります。上記を参考にすれば、関節痛が和らぎます。

生活習慣を改善

関節痛の原因は人によって様々なので、自分の原因を突き止めた適した治療を行う必要があります。中には特殊な関節痛もあるので、普段とは違う症状が現れた人は早めに医師の診察を受けることが大切です。

関節 治療

関節痛というのは、さまざまな原因で発生するものです。年齢が上がったことが原因だと思われることも多いのですが、必ずしも年齢の問題とは限らないため、安易に決め付けてしまうのは危険です。一時的な痛みに留まっていて、すぐに治まるような場合はあまり気にしなくても良いですが、頻繁に関節痛が発生したり、長時間にわたって痛みが続いたりする場合は、きちんと医師の診察を受けることが望ましいです。 関節痛の症状は、人によって異なることがあります。さまざまな特徴を持っているため、その特徴を正しく理解しなければなりません。痛みが発生している部位によっても、対処の仕方は変わってくるので、自己判断で対処しようとすると、回復が遅れることが多いです。

特徴を掴んで治療を行う

関節痛が頻繁に発生している人は、生活習慣に問題があることが多いです。生活習慣を改善するように、しっかりと心がけていかなければなりません。たいていの場合、起床した直後、長く正座していた時などに、関節痛が生じるようになるものです。日頃から、同じ姿勢でいる時間を短くして、特定の関節に負担をかけないようにすることが大切です。 ただ痛みが生じるだけでなく、腫れてくる場合もあります。関節に炎症が起きている場合に、腫れが出てくるという特徴が目立ちます。単純な関節痛ではなく、変形性関節症や関節リウマチの場合もあるため、正しい治療が不可欠です。普段の関節痛とは異なる特徴が出てきた場合は、速やかに専門医の診察を受けるようにする必要があります。

おすすめの記事